障害年金の無料相談

まずは、電話やメール等にて無料相談からお申し込みください。
『ホームページを見て、無料相談を希望したい』と言って頂ければ、話がスムーズです。

無料相談では、年金の納付状況や初診、症状等をくまなくヒアリングさせて頂き、受給できる可能性などをお伝えいたします。

ご相談方法は、電話やメール、ご面談も可能です。

無料相談を利用しても、ご契約の義務はありません。
ご自宅でゆっくり考え、サポートが必要だと思った場合にご連絡ください。お客様の自由な意思により、決めて頂ければ大丈夫です。

名 称 障害年金の無料相談
ご利用料金 ¥0円

障害年金の申請(初めて障害年金を申請するケース)

まず、ご契約の前に、詳細のヒアリングさせて頂きます。

手続きや制度、申請のハードルとなりそうなポイントを全てお伝えいたします。
お客様ご自身で、最終的なご契約の有無を決めて頂ければと思います。

料金体系は、着手金と成功報酬で構成しております。
仮に、予測以上の手間が発生しても、これら以外のご利用料金の請求はございません。

着手金

着手金は、あなた様の申請を進めるにあたり、
諸経費の一部をご負担いただくものだとお考えください。

電話代や交通費、郵送料等の一部をご負担いただくという意味合いです。

名 称 障害年金の着手金
ご利用料金 ¥10,000円(税抜)

受給時報酬額

年金の手続きの後、成果が出た場合に限り、
以下算式によるご利用料金をご請求させて頂きます。

一般的な料金の相場は、「月額の2か月分、または初回受給額の10パーセント」です。

当社のご利用料金は、同業他社と比べて、割安で設定しております。
料金設定は低く抑えておりますが、手を抜くことはありません。業務運営上の無駄を省くことで、この料金を実現しております。

名 称 障害年金の受給時報酬
ご利用料金 ① 年金の月額×1.5か月分(税別)
      又は
② 初回年金振込額の8%(税別)

<お支払例:年額90万の年金が決定>

式①)900,000÷12か月×1.5か月分
  =112,500円

式②)225,000×8%
  =18,000円

①と②を比べて、金額の高い方、つまり①の112,500円(税別)をご請求致します。

  ・①と②の双方で計算をし、金額の高い方をご請求させて頂きます。

  ・上記の②の225,000円という数字は、年金月額の3か月分を想定しております。

  ・通常は、①でのご請求となります。遡及などした場合、計算上、まれに②になります。

障害年金の申請(更新や等級上げの申請)

数年に1度の更新申請、又は現在付与されている等級を上げたい場合(額改定請求)など、
そういった際のご利用料金は以下の通りとなっております。

当事務所の料金体系は、着手金と成功報酬から構成されております。
当事務所では、仮に、途中で予測以上の手間などが発生しても、着手金と手続報酬以外のご利用料金を請求させて頂くことはありません。

着手金

着手金は、あなた様の申請を進めるにあたり、
諸経費の一部をご負担いただくものだとお考えください。

電話代や交通費、郵送料等の一部をご負担いただくという意味合いです。

名 称 障害年金の着手金
ご利用料金 ¥10,000円(税抜)

手続き報酬額

改定や更新された年金の受給後、
一回に限り、以下の計算方法によるご利用料金をご請求させて頂きます。
因みに、一般的な相場は「改定後の年金月額の1か月分」です。

ご利用料金は、同業他社と比べて、割安で設定しております。
料金設定は低く抑えておりますが、手を抜くことはありません。弊社では、業務運営上の無駄を省くことで、この料金を実現しております。

名 称 障害年金の手続報酬(更新・改定)
ご利用料金 年金月額の0.9か月分

諦めないでください

障害年金の請求は、確かに色々と面倒です。

受診状況等証明書や診断書の取得、繰り返すそれらの不備訂正。
各種申立書の作成、戸籍や住民票などの必要書類の取得。

根気と体力、そして時間が必要になります。

また、申請にはちょっとしたコツが必要になります。
そういったノウハウがないままチャレンジして、不支給になるケースがあります。

まずは、気軽にお問い合わせください。
障害年金の申請は、1人1人、状況が違い、個別の話になります。

まずは、気軽に無料相談からご利用ください。

※事務所不在時には、担当者の携帯電話へ転送されます。万が一、繋がらなかった場合でも翌営業日までには必ず折返しのお電話をさせて頂きます。